講師紹介

林真央様L.jpg 

 

林真央(はやしまお)

 

 

フルート

3歳よりピアノを始め、9歳よりフルート奏者の父のもとでフルートを始める。15歳で単身渡欧、オーストリア・ザルツブルグ・モーツァルテウム、グラーツ・ヨハン・ヨーゼフ・フックス音楽院に入学。2004年オーストリア・リンツ・ブルックナー音楽大学に入学し2010年卒業。ソリスト、オーケストラ奏者としてドイツ、オーストリア各地で演奏。エドワルト・クラウツィヒ教授率いるシンフォニエッタ・リンツ、symphonisches ensemble münchenと共演。2017年に帰国し、フルート&ドイツ語教室を開く傍ら山響楽器の講師としても指導。同じドイツ帰りのピアニストと「デュオ カノール」を結成し神奈川県を中心に活動中。これまでにフルートを林康郎、前田綾子、イングリット・ハッセ、ハイディ・ヴァルター、ギゼラ・マシャエキ=ベア、ミヒャエル・マルティン・コフラー、エルヴィン・クラムバウアー、ディーター・フルーリーの各氏に師事。

 

 講師より一言

私が一番大切にしていることは「楽しむ事」です♪

音楽が好きだから吹けるようになりたい、吹けるようになりたいから練習をする。

常に「楽しむ事」を忘れなければ、「練習しなきゃいけない」から「音楽で遊ぶ、楽しむ」にきっとなると思います。

レッスンでは曲を吹くのに必要な技術練習(基礎練習や練習曲)もやりますが、もっと大事な、想像力を育てる事、表現力を養う事や一人で考えて上達できるようになることに重点を置いています。

先生に「練習しておいで」と言われても「ゆっくり練習しなさい」といわれても、なんでゆっくり練習しないといけないのか、どうやって練習したらいいのかが分からないと効率的ではありません。

レッスンでどこが出来ないのか一緒に考えて、一緒に練習してあげる事で、理解力が増え一人で「練習」できるようになります。

出来ないからレッスンに来るのだから、出来いのは当たり前♪

間違る事や、不安ばかり考えてしまうと「音楽で遊ぶ」事をいつの間にか忘れてします。

音楽で遊びながら、楽しみながらレッスンを受けてみて下さい♪

 

個人レッスンは通ってるけど、合奏する機会が欲しいという方は、是非こちらもご覧ください♪

横浜市内の公共利用施設で月2回、フルートアンサンブルの合奏練習をしています!

 http://okesen.snacle.jp/gakudan/profile/id/fluten

 

 

 

 

ドイツ語

15歳で音楽留学のため単身オーストリアに渡りました。日本でドイツ語を勉強した期間は半年、現地に住み始めの頃は”Ja""Nein""Ich bin müde"しか言えず。。現地でもドイツ語学校に通った期間は1年でしたが近所の同じ年頃の子供たちと遊び始めて半年後には何故かドイツ語に不自由しない生活が送れるようになっていました。大学に在学中より翻訳や通訳の仕事を始め、気が付いたら音楽と同じくらいの経験を積んでいました。大学卒業後は翻訳者としてドイツ語を勉強し直し、演奏の仕事の傍らドイツミュンヘンの音楽事務所に就職、現在も日独企業向けの翻訳・通訳やコンサルティングをしています。

 

 講師より一言

ドイツ語は難しいイメージがありますが、そんなことはありません!

発音もはっきりと発音すれば聞き取りやすいものも多いです☆

大切なのは理解できないところを、納得するまで向き合う事。そのまま先に進んでしまうと後で直すのが大変です。。

レッスンではドイツ語の読み方から文法を交えて、どんな場合、どんな表現が出来るのか、ゲーム感覚で実践的に練習していきます。

書く、読解、聞く、話すをバランスよく上達できるような進め方を心掛けています。

書いたり読んだりするのは出来るけど、聞いたり喋るのが苦手な方や、聞いたり喋るのは抵抗ないけど、正しく喋れているのか不安な方。それぞれ、その方に合った方法にレッスンの仕方が変わるので、文法書や問題を解くだけのレッスンではありません。

また、目的に合わせてバリエーションも変わります☆

旅行のために喋るようになりたい方、留学のために準備したい方、体験レッスンで目標などをお話してください。

英語ではなく少しマイナーなドイツ語、周りと違う言語を話せるのも素敵ですよ♪

 

主な実績

通訳

音楽家演奏ツアー同行、国際音楽ゼミナー、様々な国際コンクール、医学会視察団同行、海外合弁会社パートナーの本社視察、見本市視察団、事業提携交渉など

翻訳

レコード会社 CD解説文、音楽事務所 舞台芸術作品 営業・販売資料、電機メーカー 取扱説明書、外資系化学メーカー、 取引基本契約書、

観光協会Webサイト、Webサイト制作など